記事一覧

FENDI と Versace による “FENDACE” コレクションがローンチ

5月12日(木)より東京と大阪にてポップアップを開催

昨年9月、イタリアが誇る2大メゾンである〈FENDI(フェンディ)〉と〈Versace(ヴェルサーチェ)〉が、ミラノ・ファッションウィークにて史上初の試みとなる“FENDACE(フェンダーチェ)”コレクションを発表した。これはコラボレーションではなく、Kim Jones(キム・ジョーンズ)とSilvia Fendi(シルヴィア・フェンディ)が〈Versace〉に2人の視点を持ち込み、その一方でDonatella Versace(ドナテラ・ヴェルサーチェ)のビジョンを通して〈FENDI〉を表現した、いわば“役割の交換”によって誕生したコレクションと言えるだろう。このファッション史上稀に見るユニークなコレクションがついに本格ローンチとなる。

“FENDACE”は、Kim JonesおよびSilvia Fendiが手掛けた〈Versace by FENDI(ヴェルサーチェ バイ フェンディ)〉とDonatella Versaceがデザインした〈FENDI by Versace(フェンディ バイ ヴェルサーチェ)〉の2つのコレクションで構成されている。本コレクションのローンチに際し、世界的なファッションフォトグラファー Steven Meisel(スティーヴン・マイゼル)が撮影したキャンペーンビジュアルに加え、著名な映画監督 Alex Maxwell(アレックス・ マックスウェル)によるキャンペーンビデオも公開された。2本の祝賀ムードあふれるキャンペーンビデオには、Adut Akech(アドゥ・アケチ)やAmar Akway(アマール・ アクウェイ)、Anja Rubik(アンニャ・ルービック)、Anok Yai(アノック・ヤイ)、Imaan Hammam(イマン・ハマン)、Lina Zang(リナ・チャン)といった豪華なスーパーモデルたちが会員制ナイトクラブ『FENDACE』で思い切りはしゃぐ様子が映し出されている。彼女たちが身に纏うルックはコレクションの共通ビジョンを明確に示し、〈Versace〉のコンセプトである“more-is-more”な着こなしと、〈FENDI〉のアクセサリーやクラフツマンシップに対する飽くなき探究を表現した。また、華やかなプリントやカラーは鮮やかで感情に訴える一方で、ビジューをちりばめたアクセサリーやジュエリーの装飾は両メゾンのブランドコードを融合。〈Versace〉のコードを組み合わせた〈FENDI〉のアイコンバッグ Peekaboo(ピーカブー)やBaguette(バゲット)、〈FENDI〉の“FF”ロゴと〈Versace〉を象徴する“メドゥーサ”を組み合わせたLa Medusa(ラ メドゥーサ)といったスタイルは、それぞれのメゾンに対する敬意を核に、独自のデザインを創造しようとする本コレクションの意図を体現している。

既成概念にとらわれない美を追求する“FENDACE”コレクションは、5月12日(木)より開催される下記のポップアップイベントにて販売予定。〈FENDI〉では〈Versace by FENDI〉を、〈Versace〉では〈FENDI by Versace〉を取り扱い、さらに両ブランドの公式オンラインストアおよび一部店舗では“FENDACE Logo(フェンダーチェ ロゴ)”カプセルコレクションを共通で展開する予定だ。なお、ポップアップ初日の5月12日(木)の入場については〈FENDI〉の公式『LINE』アカウントから事前に応募する必要がある。応募期間は4月29日(金・祝)10:00〜5月5日(木・祝)23:59までとなり、当選者には同アカウントから5月9日(月)までに通知が届くとのこと。また、本コレクションの発売を記念して特別なカクテルイベントを『フェンディ 銀座店』にて開催。こちらも抽選での招待となるため、参加を希望する場合は下記で詳細を確認しておこう。


【関連記事】:hacopyスーパーコピー 大丈夫?

コメント一覧